MENU

スーパーフード菊芋で鬱が治る?その秘密はイヌリンという成分にあり!

 

菊芋は、生活習慣病の予防に効果的であるとされ人気を集めている食べ物です。
一見すると生姜に似た見た目をしていますが、
菊のような花を咲かせ芋のような根を持つことから菊芋と呼ばれています。

 

芋の一種ではあるものの、同じ芋に含まれるでんぷんが菊芋には含まれていません。

 

そのため糖質やカロリーを過剰摂取することもなく、逆に菊芋を食べたことによって
血圧やコレステロール値が減少したという結果が実験によって明らかになっています。
その嬉しい効果から、菊芋は“スーパーフード”とも言われています。

 

世間的にはいまだにマイナーな野菜ではありますが、テレビでも取り上げられるなど、確実に注目されつつあります。

 

菊芋の成分

菊芋には、デンプンの代わりに「イヌリン」という食物繊維が豊富に含まれています。
同じくイヌリンが含まれている野菜にはゴボウやタマネギ、ニラなどがありますが、
その中でも群を抜いて含有量が多いのが菊芋です。

 

 

イヌリンには脂質やブドウ糖の濃度を下げる効果があるということが実証されており、
これが生活習慣病の予防に効果的であるとされる所以です。

 

その力から、菊芋は“天然のインスリン”とも言われています。

 

また、イヌリンは酵素分解によってフルクトオリゴ糖という成分に変化し、
このフルクトオリゴ糖がビフィズス菌を増やすことによって、腸の働きが活発になります。
その結果、腸を整え、便秘の解消にも期待ができます。

 

その他にも、イヌリンにはビタミンやミネラルなども豊富に含まれています。
体の成長や代謝に必要となる成分が揃い踏みなので、
まさに健康食品と言っても過言ではないかもしれません。

 

菊芋で鬱が治るってホント?

 

鬱病というと心の疲れによるものとイメージされると思いますが、
実は腸の健康状態の悪化も鬱病を引き起こす原因になるということが明らかになっています。

 

意外に感じるかもしれませんが、実際に過度なストレスによってお腹が痛くなったことがある方も多いのではないでしょうか?
鬱になると医師から処方される薬で治療するケースも多いと思いますが、それ以上に力を入れるべきなのが腸内環境の改善です。

 

先に述べた通り、菊芋には腸内の善玉菌を増やし、便通を良くする効果があります。老廃物を溜め込むことなく腸の働きが活発になることで、鬱の改善にも期待ができるとされているのです。

 

スーパーフードとも呼ばれている菊芋であれば、腸内環境の改善はもちろん、
体内の細胞の活性化にも効果があるため、鬱の治療のために菊芋を積極的に取り入れている人も多いんですよ。

 

菊芋の育て方

菊芋はスーパーなどではあまり販売されていないため、自家栽培を考える方も多いと思います。
いくつかの注意点はありますが、育てること自体はあまり難しくはありません。

 

4月〜5月に植える

菊芋はもともとカナダで栽培され始めた野菜で暑さには強くないため、植える時期は4月〜5月あたりが適しています。
このとき使用する種芋は、品質がよくなるべく小さいものを選ぶと良いでしょう。

 

日当たりの良い場所

植える場所は、日陰が一切できないような、常に日が当たっているところがおすすめです。
日がたくさん当たることにより、大きくて実のつまった菊芋になります。

 

菊芋はどんどん横に広がって育つ性質があるので、
菊芋と菊芋の間は少なくとも60cm程度は空けるようにすると根の絡まり合いなどが少なくなります。

 

植えたあとは、基本的には何もしなくてもどんどんと育っていきます。
余裕があれば周りの雑草を抜いたり、支柱を立てて台風対策をしたりすると良いでしょう。

 

花が咲いて1〜2か月で収穫

9月、10月頃になると菊芋ならではのきれいな黄色い花が咲きます。
そこから1、2か月後あたりが収穫に適した時期です。

 

菊芋は繁殖量が非常に強いため、収穫忘れがあると
あたり一面が菊芋畑になってしまう可能性がありますので、残さず収穫するようにしましょう。

 

なお、菊芋は畑の栄養分をすっかり吸収してしまう野菜のため肥料を十分に与える必要があるのと、
長期間の同じ場所での連作は適していないとされています。
品質の良い菊芋を育てるのであれば、連作障害を防ぐために違う場所に植え替えるのがおすすめです。

 

菊芋のおすすめの食べ方

菊芋は、丁寧に下処理をすればどんな調理方法でもおいしく食べることができます。
表面の皮や土を軽く取り除いたあと、水にさらすとアクを感じることなく味わえます。

 

菊芋と似たイメージのじゃがいもは火を通して食べることがほとんどですが、
菊芋の場合は生のままサラダとしても食べられます。
手の込んだ料理が面倒なときなどは重宝する野菜かもしれませんね。

 

また、きんぴらや漬物などの常備菜にしている方も多いようです。
献立の“あと一品”やお弁当のおかずなどに便利ですよ。
もちろん、煮物やスープの具としても、フライにしても、菊芋ならではの味わいを楽しむことができます。

 

栄養たっぷりの菊芋、ぜひいつもの料理にプラスしてみてはいかがですか?
ちなみに、菊芋に含まれている食物繊維や便通改善効果によって、
多量に摂りすぎるとお腹がゆるくなったりする可能性がありますので、食べ過ぎには気を付けましょう。

 

関連ページ

どうして関節の痛み改善に菊芋が効くのか?
関節の痛みなどの症状を改善するのに菊芋はうってつけの存在なのです。その理由についてお伝えします。
『天然のインスリン菊芋』の糖尿病への効果
菊芋が糖尿病によいとされる秘密は、イヌリンと呼ばれる成分のためです。イヌリンは水溶性の食物繊維で、腸内に長くとどまるため糖の吸収がおだやかになり、インスリンの分泌を抑えてくれます。結果として血糖値の急上昇も抑えられるというわけです。
エドガー・ケイシーの菊芋にまつわるリーディング
菊芋に関してエドガー・ケイシーは重要なリーディングをいくつか残しています。そのリーディングをご紹介します。
低インスリンダイエットに最適な食材『菊芋』で菊芋ダイエット!
GI値が低い食事を摂るのが低インスリンダイエットですが、この低インスリンダイエットに最も適していると注目を集めているのが「菊芋」という野菜です。
イタリアでのキクイモ体験記※レシピ、効能、糖尿病との関係
イタリアで体験したキクイモについての体験記を綴ります。
菊芋が高血圧予防になるってマジ?!
菊芋には、イヌリンをはじめ、様々な成分が豊富に含まれています。それぞれの成分がうまく働き合って、高血圧予防の効果を発揮すると言うのです。
菊芋でクレアチニン値が下がる?秘密は『イヌリン』という成分
菊芋を食べるとこのクレアチニン値が下がるという事例が報告されています。その理由は菊芋に含まれるイヌリンの働きである可能性が指摘されています。
菊芋で壊疽が治る!?信じられない事例が起こった!
岡先生の治療経験の中に糖尿病の進行で足に壊疽を起こした60代の男性が、菊芋を取り始めてわずか1ヶ月で改善したという驚くべきエピソードがあります。
コレステロールを上手に減らす食品なら絶対に菊芋がおすすめ!
高血糖に効果があることで注目を集める菊芋の、コレステロール値を下げる機能についてご紹介します。
すぐわかる!菊芋チップスの作り方とレシピ&菊芋の保存方法
菊芋は初めての野菜で食べ方がわからない、味は?保存方法は?菊芋チップスの作り方とレシピも知りたい!そんな疑問にお答えします。
血糖値が高めの人におすすめ!【簡単】菊芋焼酎の作り方と効能
血糖値が気になるけれどお酒もやめられない。そんなあなたにお勧めしたいのが菊芋焼酎です。ここでは菊芋焼酎の簡単な作り方をご紹介します。
二人の主婦が菊芋レシピを大公開!お好み焼き&かき揚げ
二人の主婦が菊芋を使ったオリジナルレシピを大公開!お好み焼きVSかき揚げ!どっちが好み?
菊芋パワーで中性脂肪を根こそぎシャットアウト!イヌリンに注目!
菊芋は元々は血糖値の改善に役立つ「天然のインスリン」として有名ですが、さらに研究が進んだ結果、中性脂肪の増加を防ぐ役割にも注目されるようになりました。
菊芋はアトピー改善にも効果的?!腸内環境から体質改善☆
菊芋に含まれるイヌリンにより、腸内環境が整えられ、アトピー性皮膚炎の症状の緩和にも効果を発揮するのです。