MENU

菊芋パワーで中性脂肪を根こそぎシャットアウト!【注目成分イヌリン】

 

私たちの体の中にはいろいろな脂肪が存在しています。
その中で「貯蓄されているエネルギー源」が中性脂肪と呼ばれるもの。
中性脂肪と上手に付き合うにはどうしたら良いのか?
食生活の面から探ってみましょう。

中性脂肪、なぜ溜まる?

中性脂肪は溜まりやすく減りにくい!

 

中性脂肪は元々貯蓄されるために作られる脂肪です。

 

体のエネルギー源となる脂肪酸が3つくっつき、
そこにグリセロールという物質が結合した状態を指します。

いざという時には再度分解されてエネルギーになりますが、
出番がないとどこまでも溜め込んでしまうという性質を持っています。
食料が乏しい原始時代に基礎が形作られた人類の体は、中性脂肪の貯蓄が大好きなのです。

 

栄養が足りない事態になって初めて役に立つ存在、中性脂肪。
豊富な食料に囲まれる現代の私たちにとっては、
簡単に溜め込む上に消費しにくく、害の方が大きい存在と言えます。

 

中性脂肪はなぜたまりすぎるのか?

体脂肪が多いと言われると、まず考えるのが「油物を控えなければ」ということですね。
確かに脂身の多い肉や揚げ物は、いかにも内臓脂肪になりやすいイメージがあります。

 

ところが実は油だけを抑えても、中性脂肪の増加は止まりません。
中性脂肪の主な原料となるもう一つの物質は、糖。

砂糖のほか、お米やパンなど主食の成分であるでんぷんなどはすべて糖の一種だからです。

 

糖は余ると肝臓に運ばれ、そこで中性脂肪に変わります。
中性脂肪は血液とのなじみが良く、血液に乗って全身を巡ります。

 

そして前述のように備蓄のエネルギー源となるわけですが、
中性脂肪は糖やタンパク質と比べるとエネルギー源としての優先度がかなり低いため、
中々使われる機会に恵まれず溜まる一方になってしまう、という流れです。

 

油物を抑えても、主食を食べていれば自然にたまり続けてしまうのが中性脂肪なのです。

中性脂肪を貯めすぎない、その方法とは?

「貯めない」の鍵は食物繊維が握る!?

同じ食事を摂っても糖や脂肪の吸収を抑えることができるとしたら、その分中性脂肪はたまりにくくなるはず。
そのカギを握るのが、野菜に含まれる食物繊維です。

 

食物繊維は体内で水分を吸収すると膨らむ性質を持っています。
同時に、一緒に食べた食物の吸収を抑える効果を持つものもあります。

 

満腹感と吸収量の減少が同時に得られるので、
食事内容を変えられなくても溜まる中性脂肪量を落とすことができます。

 

また食物繊維は腸の活動を活発にして排泄力を上げるため、
腸内に食べ物が長く残って余分に吸収されることを防いでくれます。

食事の時に最初に野菜を食べるといいと言われるのは、これらの理由によるものです。

 

では食物繊維なら何でもいいかといえば、そういうわけでもありません。
単に腸の動きを活発にするだけなら大抵の食物繊維で足りますが、
プラスアルファを求めるなら、食物繊維も選ぶべきです。

 

注目の食物繊維「イヌリン」

 

最近話題を集めている食物繊維に、「イヌリン」があります。
元々は血糖値の改善に役立つ「天然のインスリン」として有名ですが、
さらに研究が進んだ結果、中性脂肪の増加を防ぐ役割にも注目されるようになりました。

 

イヌリンは胃の中で水分を吸収すると、ゲル状になって膨らみます。
この時に一緒に食べた糖や脂質をくるみ込み、吸収を抑えてくれるのです。
そのまま腸に運ばれて腸の中の余剰分も巻き込み、消化されずに排出されていきます。

 

余ったイヌリンは腸で分解されるとオリゴ糖に変化し、
善玉菌のエサとなって腸内の細菌バランスを整え、より効果的に中性脂肪の増加を抑えてくれます。

 

イヌリンはニラやゴボウに含まれていますが、特に含有量が多いのが「菊芋」という野菜。
スーパーではあまり見かけない野菜ですが、乾燥粉末などが健康補助食品として販売されています。
高血糖、高脂質に悩みを抱えているなら、ぜひ採りいれてほしい食品です。

まとめ

中性脂肪を「落とす努力」で挫折する人は多いですが、「増やさない努力」なら誰でも簡単に始められます。
イヌリンを生活に採りいれるだけで、簡単に安全に脂肪分の吸収を減らすことができるのです。
中性脂肪で悩んでいるあなた、この機会に菊芋パワーを試してみませんか?

 

関連ページ

どうして関節の痛み改善に菊芋が効くのか?
関節の痛みなどの症状を改善するのに菊芋はうってつけの存在なのです。その理由についてお伝えします。
『天然のインスリン菊芋』の糖尿病への効果
菊芋が糖尿病によいとされる秘密は、イヌリンと呼ばれる成分のためです。イヌリンは水溶性の食物繊維で、腸内に長くとどまるため糖の吸収がおだやかになり、インスリンの分泌を抑えてくれます。結果として血糖値の急上昇も抑えられるというわけです。
エドガー・ケイシーの菊芋にまつわるリーディング
菊芋に関してエドガー・ケイシーは重要なリーディングをいくつか残しています。そのリーディングをご紹介します。
低インスリンダイエットに最適な食材『菊芋』で菊芋ダイエット!
GI値が低い食事を摂るのが低インスリンダイエットですが、この低インスリンダイエットに最も適していると注目を集めているのが「菊芋」という野菜です。
イタリアでのキクイモ体験記※レシピ、効能、糖尿病との関係
イタリアで体験したキクイモについての体験記を綴ります。
菊芋が高血圧予防になるってマジ?!
菊芋には、イヌリンをはじめ、様々な成分が豊富に含まれています。それぞれの成分がうまく働き合って、高血圧予防の効果を発揮すると言うのです。
菊芋でクレアチニン値が下がる?秘密は『イヌリン』という成分
菊芋を食べるとこのクレアチニン値が下がるという事例が報告されています。その理由は菊芋に含まれるイヌリンの働きである可能性が指摘されています。
菊芋で壊疽が治る!?信じられない事例が起こった!
岡先生の治療経験の中に糖尿病の進行で足に壊疽を起こした60代の男性が、菊芋を取り始めてわずか1ヶ月で改善したという驚くべきエピソードがあります。
コレステロールを上手に減らす食品なら絶対に菊芋がおすすめ!
高血糖に効果があることで注目を集める菊芋の、コレステロール値を下げる機能についてご紹介します。
すぐわかる!菊芋チップスの作り方とレシピ&菊芋の保存方法
菊芋は初めての野菜で食べ方がわからない、味は?保存方法は?菊芋チップスの作り方とレシピも知りたい!そんな疑問にお答えします。
血糖値が高めの人におすすめ!【簡単】菊芋焼酎の作り方と効能
血糖値が気になるけれどお酒もやめられない。そんなあなたにお勧めしたいのが菊芋焼酎です。ここでは菊芋焼酎の簡単な作り方をご紹介します。
二人の主婦が菊芋レシピを大公開!お好み焼き&かき揚げ
二人の主婦が菊芋を使ったオリジナルレシピを大公開!お好み焼きVSかき揚げ!どっちが好み?
菊芋はアトピー改善にも効果的?!腸内環境から体質改善☆
菊芋に含まれるイヌリンにより、腸内環境が整えられ、アトピー性皮膚炎の症状の緩和にも効果を発揮するのです。
スーパーフード菊芋で鬱が治る?その秘密はイヌリンという成分にあり!
菊芋には腸内の善玉菌を増やし、便通を良くする効果があります。老廃物を溜め込むことなく腸の働きが活発になることで、鬱の改善にも期待ができるとされているのです。