MENU

イヌリンでアトピーが改善する?その効果とは!?

 

アトピーはとても深刻な症状であり、酷い人では入院加療を余儀なくされることもあります。
アトピーに悩んでいる人は多く、症状が完全になくなることはなかなかないと言われています。

 

アトピー改善の方法の一つに食生活の改善があります。
今回は食品に含まれる成分の中でもアトピーに効果があると言われている
「イヌリン」という成分について詳しく見ていきたいと思います。

 

初めて聞いた!イヌリンっていったい何?

 

イヌリンなんて言葉聞いたことがない人がほとんどではないでしょうか。
イヌリンとは、ブドウ糖などを始めとした「糖」がたくさん集まって大きな糖を作った「多糖類」の1つになります。
栄養成分上としては「食物繊維」に分類されています。

 

イヌリンにはどのような効果を期待することが出来るの?

ダイエットや糖尿病

人間はイヌリンを分解して吸収することが出来ません。
糖質として利用されていますが、人間が持つ酵素では
消化吸収されないという特徴を生かしてダイエット商品として使用されることもあります。

 

また、糖質が吸収されるのを抑制する作用も持っている為、
糖尿病などにもプラスの作用があるとして期待が持たれています。

 

腸内環境を整える

食物繊維でもあるイヌリンは腸内で初めて分解されるのですが、
善玉菌の餌となり腸内環境を整える役割も果たしています。
腸内を綺麗にしてくれるので、便秘の解消にも効果的です。

 

このように様々な効果が期待されるイヌリンですが、アトピーにも効果があると言われています。
では、一体どのような効果を期待することが出来るのでしょうか?

 

イヌリンはどうしてアトピーに効果があるの?

イヌリンはアトピーの改善にも効果があると言われています。
しかし、イヌリンが直接アトピーを改善してくれるのではありません。
アトピーとイヌリンは「食物繊維」で間接的に繋がっているのです。

 

食物繊維は血糖値の急な高まりを防いでくれる

アトピーは血糖値と密接な関連があります。血糖値が急激に高くなると、
副腎と言う器官からインスリンがたくさん放出されます。

 

副腎は炎症を抑える働きもしてくれているのですが、インスリンが過剰に放出されると
副腎がダメージを受けてしまって炎症を抑えるための働きを十分に行うことが出来なくなってしまいます。
その結果アトピーの症状が悪化すると言われています。

 

食物繊維は、血糖値の高まりを抑えるという役割を持っています。
そのため、副腎に必要以上に糖が入り込むことを防ぎ、副腎の働きを正常化させ、副腎のダメージを軽減することが出来るのです。

 

食物繊維は腸内環境を整える働きを持っている

 

腸内には様々な腸内細菌が存在するのですが、
アトピーを持っている人はその中の悪玉菌が増えてしまっている人が多いと言われています。
また、便秘は腸内の善玉菌を減らし、悪玉菌を増やす一つの要因となっています。

 

そのため、腸内環境を整え善玉菌を増やすことは、アトピーの改善には欠かせないとされているのです。

 

食物繊維は老廃物を押し流し、腸内環境を整える働きを担っています。
また、善玉菌の餌となってくれるため、腸内に善玉菌を増やし、悪玉菌と善玉菌のバランスも整えてくれています。

 

イヌリンがアトピーに効果的なわけとは?

イヌリンは腸内まで消化吸収されることなく届き、他の糖を吸収してくれる働きを持っています。
その結果、血糖値を抑えることが出来、副腎を保護する働きがあります。

 

また、食物繊維として腸内環境を整える働きもしているため、
アトピーを改善する食物繊維としては非常に優秀な働きをしているのです。

 

イヌリンが多く含まれている食べ物にはどのようなものがある?

イヌリンは菊芋やタンポポ、ゴボウなどの根菜に多く含まれています。
特に菊芋に多く含まれており、腸内環境を改善するためには菊芋を意識して取り入れていくことが重要になります。

 

菊芋とはキク科ひまわり属の植物で、根の部分が食用とされています。
南米や北アメリカが原産と言われており、海外では広く食されている食べ物になります。
日本ではあまりなじみがないのですが、最近注目されておりメディアでも取り上げられています。

 

菊芋は、そのままスライスしてサラダにしたり、煮物や揚げ物として食べることが出来ます。
最近では手軽に摂取することが出来るように、菊芋チップスとして販売されたり、色々な料理に取り入れることが出来るようにパウダーとして販売されていたり、その成分を凝縮したサプリメントとして販売されていることが増えているようです。自分の生活スタイルに合わせて菊芋を毎日の生活に取り入れていきましょう。

 

副作用があるの?イヌリンを摂取する時に気を付けたいこと

どんな食品でもそうですが、過剰に摂取すると体には悪影響が及びます。
イヌリンの理想とされる摂取量は1日8〜14g。
それ以上を摂取すると便が緩くなってしまったり、場合によっては下痢の症状が現れることもあると言われています。
また、腸内ガスが溜まりすぎるため、お腹が痛くなったり、張ったりすることがあります。
体調を見ながら最適な量での使用が肝要です。

 

関連ページ

イヌリンがアルツハイマー予防になるって知っていますか?
イヌリンの摂取が将来のアルツハイマー予防につながります。今から少しずつイヌリンを取り入れて、将来のアルツハイマー発症を予防しましょう。
イヌリンが加齢臭軽減に役立つのをまだ知らないの?
加齢臭の軽減に役立つイヌリンを豊富に含む菊芋を上手に取り入れ腸内環境を整えて、少しずつ加齢臭を軽減させていきましょう。
不老長寿も夢でない!イヌリンの老化抑制効果に業界激震!
アンチエイジングにイヌリン!なぜイヌリンという成分が老化抑制に効果があると言われているのか、その理由についてお伝えします。
菊芋に含まれるイヌリンの驚くべき育毛促進効果
ごぼうなどの根菜類は髪の毛に良いとは昔からよく言われています。それは、ごぼうにはイヌリンが含まれているからです。
脂質異常症を防ぐ食物繊維「イヌリン」で悪玉コレステロールを減らせ!
悪玉コレステロールを減らすには、食物繊維イヌリンが効果的です。毎日の生活に菊芋を摂りいれて、上手にコレステロールをコントロールしましょう。
糖尿病性腎症をイヌリンで予防!普段の食生活でリスク低減!
糖尿病性腎症は普段の食生活で防ぐことができます。イヌリンを含む食品をきちんと摂ればリスクを格段に下げることができるのです。
イヌリンの副作用を知らないなんて!あなた正気?
テレビや雑誌で特集されて話題のイヌリン。ただ心配なのが副作用です。イヌリンの副作用にはどんなものがあるのでしょうか?知らないでいると危険?
すぐわかる!イヌリンとデキストリンの違い【重要】
イヌリンとデキストリン。それぞれに長所と短所がありますので、それぞれの違いを把握した上で悩みに応じて使い分けるのがいいでしょう。
イヌリンのダイエット効果と副作用&軟消化性デキストリンとの違い
「できれば美味しく食べながら無理なくダイエットにチャレンジしたい・・」そんな方におすすめなのがイヌリンを使ったダイエット方法です。
イヌリンで便秘解消するのは、もう常識?多く含まれる食品も紹介!
イヌリンは酵素によって分解されると「フラクトオリゴ糖」に変化します。これが善玉菌の格好の餌になるのです。その結果、便秘解消へと導くのです。
イヌリンで中性脂肪値が下がる?!研究報告からわかる驚愕の効果
イヌリンの血中の中性脂肪の低下についてはその有効性が証明された研究がいくつもあります。イヌリンの中性脂肪への効果について解説します。
イヌリンで痩せる?!便秘解消デトック⇒美肌・ダイエット効果!
イヌリンを摂取することにより痩せることができるのでしょうか?イヌリンは体内に入ってフラクトオリゴ糖に変化するので便秘解消デトックからダイエット効果が期待できるのです。
イヌリンで血液がサラサラになる?ドロドロ血液さよおなら!
イヌリンが血液をサラサラにして、血糖値を抑えてくれる作用についてじっくりと見ていきましょう!
イヌリン(菊芋)で糖尿病を徹底改善!効果・効能&副作用について
イヌリンは「天然のインスリン」とも呼ばれていて、食事から美味しく摂取することで糖尿病の改善が期待できるのです。含まれる食品や副作用についてもお伝えいたします。
イヌリンは大腸がんの予防になるってホント?!
イヌリンが大腸がんの予防になるという話を聞いたことがありますか?何故イヌリンという成分が大腸がんの予防になるのかを見ていきましょう。