MENU

糖尿病性腎症をイヌリンで予防!

 

菊芋などに含まれる水溶性食物繊維のイヌリンが
血糖値の上昇を抑えることは、皆さんご存知の通りです。

 

サプリメントなどで知られるイヌリンには、実はもうひとつ、こんな側面があります。
糖尿病と切っても切れない関係にある腎臓とイヌリンのかかわりについてご紹介します。

腎機能を計るイヌリンの性質

腎機能検査からわかること

医学を勉強した人なら、イヌリンと聞いてパッと頭に浮かぶのは、
健康食品としてではなく腎機能の測定方法「腎クリアランス」でなはいでしょうか。

 

特定の物質を血管に投入し、どれだけの量が尿に含まれて出てくるかを測定することで、腎臓のろ過機能を計る方法です。
実はイヌリンは、この腎クリアランスの検査薬として利用されています。

 

イヌリンは人体で生成されない物質である上に、体内で分解されることも腎臓で再吸収されることもありません。
そのため腎臓による物質の濾過量を調べるのに最適なのです。
腎機能検査はいくつか方法がありますが、イヌリンを使用する「イヌリンクリアランス」はその中でも高い評価を受けているのです。

 

イヌリンは吸収されない糖

このことはイヌリンの性質をとても端的に表しています。
つまり、イヌリンを摂取しても栄養素として体に吸収されることがなく、血液に混じって循環した後は完全に尿から排出されるという性質です。

 

イヌリンクリアランスではイヌリンを口から摂取するわけではなく注射によって直接血管に投入しますが、食事やサプリからイヌリンを摂取した場合でも消化吸収されないという動きはまったく一緒です。

 

食事から摂った場合、イヌリンは胃の中で水分を含んでゲル化します。
一緒に摂った食品の糖や脂質を一緒に巻き込みながら腸へ進み、腸内でも余分な栄養素を巻き取って一緒に排出されていきます。
一部は分解されてオリゴ糖になり、腸内細菌のエサとなって善玉菌を増やす役割を果たします。

 

このようなイヌリンの性質が、食後の血糖値の上昇を抑えて糖尿病の予防に大きく役立つことになるのです。

 

腎機能と糖尿病の関係とは?

 

糖尿病の合併症「糖尿病性腎症」とは?

現代の日本で糖尿病がこれほど恐れられているのは、
その合併症がとても重くて長い闘病生活を余儀なくされるものが多いからです。

 

末梢神経や毛細血管の障害によっておこる手足の壊疽や網膜症、
アルツハイマー型認知症をはじめ、一度発症してしまうと完治が難しいものがほとんどです。
その一つに「糖尿病性腎症」があります。


腎臓で血液をろ過するのは「糸球体」と呼ばれる毛細血管の塊です。
糖尿病による動脈硬化がこの糸球体に及ぶと、細かい血管が破れたり詰まったりして老廃物を濾過できなくなります。
不純物が排出できなくなるため、血液中に老廃物が逆流し、いわゆる尿毒症を起こす原因となります。
そうなってしまうと命に関わるため、定期的な人工透析を欠かすことができなくなります。

 

日本における人工透析理由の第一位は、実は糖尿病の合併症なのです。

 

糖尿病性腎症は、自覚症状がある他の腎臓の病気と違い、気付かないうちにジワジワと進行します。
症状が進むと尿にタンパク質が漏れ出すようになるため
健康診断によって発見することができますが、それ以外に自分で気づくことまずありません。

 

腎機能を守るのもイヌリン

人工透析は、人生の時間もお金も大きく削り取る治療です。
特に若いうちから人工透析を余儀なくされた場合は、生涯にわたってつらい治療を続けなければなりません。なんとしても避けたいところです。

 

少なくとも糖尿病性腎症は普段の食生活で防ぐことができます。
甘い物や脂っこいものを食べすぎないことはもちろんですが、
イヌリンを含む食品をきちんと摂ればリスクを格段に下げることができます。

 

毎日菊芋やゴボウを食べるのが難しければ、菊芋の粉末やサプリメントを使うのも有効な手段でしょう。
食生活が不規則で外食やコンビニ弁当が多い人には、特にイヌリンを摂ることをお勧めします。
毎日の習慣が、長い生涯をいかに健康に過ごすかのカギを握っているのです。

 

まとめ

数ある糖尿病の合併症の中でも、特に治療にかかる時間的金銭的な負担が大きい糖尿病性腎症。
糖尿病を予防することで避けることができるので、日ごろの食生活はとても大切です。
糖尿病のリスクを下げる水溶性食物繊維イヌリンを、ぜひ毎日の生活に採りいれてください。

 

関連ページ

イヌリンがアルツハイマー予防になるって知っていますか?
イヌリンの摂取が将来のアルツハイマー予防につながります。今から少しずつイヌリンを取り入れて、将来のアルツハイマー発症を予防しましょう。
イヌリンが加齢臭軽減に役立つのをまだ知らないの?
加齢臭の軽減に役立つイヌリンを豊富に含む菊芋を上手に取り入れ腸内環境を整えて、少しずつ加齢臭を軽減させていきましょう。
不老長寿も夢でない!イヌリンの老化抑制効果に業界激震!
アンチエイジングにイヌリン!なぜイヌリンという成分が老化抑制に効果があると言われているのか、その理由についてお伝えします。
菊芋に含まれるイヌリンの驚くべき育毛促進効果
ごぼうなどの根菜類は髪の毛に良いとは昔からよく言われています。それは、ごぼうにはイヌリンが含まれているからです。
脂質異常症を防ぐ食物繊維「イヌリン」で悪玉コレステロールを減らせ!
悪玉コレステロールを減らすには、食物繊維イヌリンが効果的です。毎日の生活に菊芋を摂りいれて、上手にコレステロールをコントロールしましょう。
イヌリンの副作用を知らないなんて!あなた正気?
テレビや雑誌で特集されて話題のイヌリン。ただ心配なのが副作用です。イヌリンの副作用にはどんなものがあるのでしょうか?知らないでいると危険?
イヌリンでアトピーが改善する?その劇的効果とは!?
今回は食品に含まれる成分の中でもアトピーに効果があると言われている「イヌリン」という成分について詳しく見ていきたいと思います。
すぐわかる!イヌリンとデキストリンの違い【重要】
イヌリンとデキストリン。それぞれに長所と短所がありますので、それぞれの違いを把握した上で悩みに応じて使い分けるのがいいでしょう。
イヌリンのダイエット効果と副作用&軟消化性デキストリンとの違い
「できれば美味しく食べながら無理なくダイエットにチャレンジしたい・・」そんな方におすすめなのがイヌリンを使ったダイエット方法です。
イヌリンで便秘解消するのは、もう常識?多く含まれる食品も紹介!
イヌリンは酵素によって分解されると「フラクトオリゴ糖」に変化します。これが善玉菌の格好の餌になるのです。その結果、便秘解消へと導くのです。
イヌリンで中性脂肪値が下がる?!研究報告からわかる驚愕の効果
イヌリンの血中の中性脂肪の低下についてはその有効性が証明された研究がいくつもあります。イヌリンの中性脂肪への効果について解説します。
イヌリンで痩せる?!便秘解消デトック⇒美肌・ダイエット効果!
イヌリンを摂取することにより痩せることができるのでしょうか?イヌリンは体内に入ってフラクトオリゴ糖に変化するので便秘解消デトックからダイエット効果が期待できるのです。
イヌリンで血液がサラサラになる?ドロドロ血液さよおなら!
イヌリンが血液をサラサラにして、血糖値を抑えてくれる作用についてじっくりと見ていきましょう!
イヌリン(菊芋)で糖尿病を徹底改善!効果・効能&副作用について
イヌリンは「天然のインスリン」とも呼ばれていて、食事から美味しく摂取することで糖尿病の改善が期待できるのです。含まれる食品や副作用についてもお伝えいたします。
イヌリンは大腸がんの予防になるってホント?!
イヌリンが大腸がんの予防になるという話を聞いたことがありますか?何故イヌリンという成分が大腸がんの予防になるのかを見ていきましょう。