MENU

脂質異常症を防ぐ食物繊維「イヌリン」

 

脂質異常症という言葉、ここ数年頻繁に耳にするようになりました。
以前は「高脂血症」という病名で呼ばれていましたが、
単に血中脂質の量ではなくコレステロールの種類によって細分化されるようになり、
血中脂質バランスの異常=「脂質異常症」と呼び名が変わっています。
この脂質異常症を予防するための食事について考えてみましょう。

 

脂質異常症の正体

 

脂質異常症と呼ばれる条件とは?

「高脂血症」は、簡単に言えば血中に浮遊している脂質が多すぎることを指します。

 

血中にあるのは主に中性脂肪とコレステロール、脂肪酸ですが、
エネルギー源や細胞の代謝に使い切れずに余ったこれらの脂質が、
回収しきれずに血管内にとどまっている状態です。

 

 

最近ではさらに細かく血液内の脂質の状態を検査し、そのバランスを重視するようになりました。
すなわち「悪玉(LDL)コレステロール」と「善玉(HDL)コレステロール」です。
以前は総コレステロール量が220mg/dLを超えると「高コレステロール血症」と診断されましたが、
今日では特にLDLコレステロールが140mg/dL以上の人を「高LDLコレステロール血症」と呼んで治療が必要と判断しています。

 

LDLコレステロールが血中に増えすぎると、血管壁にもぐりこんで蓄積し、活性酸素の影響を受けて酸化します。
これを異物と判断した白血球の一種が取り込むと、こぶ状となって血管を狭くしてしまいます。
動脈硬化の始まりです。

 

そのため、LDLコレステロール値を下げてコレステロールを回収するHDLコレステロール値を上げるのが、
脂質異常症予防の一つの目標となっているのです。

 

脂質異常症を防ぐ食物繊維「イヌリン」

 

血中脂質バランスを整えるには?

 

脂質をコントロールするには、2つのアプローチが有効です。
まずは血中の脂肪酸をエネルギーに替えて中性脂肪をどんどん消費するための運動。
そして、LDLコレステロールを増やしすぎないための食事です。

 

コレステロールを作り出しているのは主に肝臓ですが、
肝臓は同時に中性脂肪をため込みやすい性質も持ち合わせています。
それを防ぐには、食事からとる栄養分をある程度制御する必要が出てきます。

 

その吸収を抑えるのに有効なのが、「食物繊維」と呼ばれる植物由来の成分。
ダイエットにも利用される食物繊維は、腸からの栄養分の吸収を抑える機能を持っているのです。

 

食物繊維はほとんどの野菜に含まれていますが、その種類は膨大で性質も様々。
その中で近年特に注目を集めている食物繊維「イヌリン」です。

 

イヌリンは何が優れているの?

食物繊維に共通するのが、水分を吸収して腸の活動を活発にするという働きです。

 

中でもイヌリンは水分を吸うとゲル状になり、胃や腸で一緒に摂った食物を巻き込んで吸収しにくい状態にします。
そのまま消化されずに腸を刺激しながら排出されるので、過剰な摂取を防ぐ効果があります。
一部のイヌリンは腸内で発酵するとオリゴ糖に変化し、腸内の善玉菌のエサとなります。

 

善玉菌にも脂質を取り込んで一緒に排出される働きがあるので、ここでも余分な脂質を取り除くことが可能なのです。

 

食事による過剰な栄養分の吸収を妨げるイヌリンは、主に糖尿病の予防や治療に有効とされてきました。
LDLコレステロールに注目が集まり始めた今、脂質バランスを整えるのにも非常に効果が高いとして、生活習慣病全般の予防食として脚光を浴びています。

 

イヌリンを効果的に摂るには?

 

イヌリンを含む野菜はいくつかあります。
主なものがゴボウ、ニラ、そして菊芋です。

 

特に冬の初めに収穫される菊芋は、その約60%がイヌリンで構成されている珍しい野菜。
菊芋を常食する人は、血糖値が非常に安定しているという研究結果が発表されているほどです。

 

食事と一緒に菊芋を摂るだけで脂肪や糖質の吸収を抑えてくれるので、
無理な食事制限に走る必要がありません。

 

「天然のインスリン」と呼ばれるイヌリンは食後の血糖値上昇を抑える作用によって、
肝臓の機能改善にも高い効果を示します。
代謝をつかさどる肝機能を高めることにより、さらに脂質の代謝が良くなることが期待できるのです。

 

あまりメジャーな野菜ではありませんが、最近では特産物として栽培する地域が増えてきました。
国産の菊芋粉末なども販売され、健康を気遣う人々に人気のサプリメントとなっています。

 

まとめ

悪玉コレステロールを減らすには、食物繊維イヌリンが効果的です。
毎日の生活に菊芋を摂りいれて、上手にコレステロールをコントロールしましょう。
国産菊芋サプリなら、安心安全に健康な体を手に入れられること間違いなしです!

 

関連ページ

イヌリンがアルツハイマー予防になるって知っていますか?
イヌリンの摂取が将来のアルツハイマー予防につながります。今から少しずつイヌリンを取り入れて、将来のアルツハイマー発症を予防しましょう。
イヌリンが加齢臭軽減に役立つのをまだ知らないの?
加齢臭の軽減に役立つイヌリンを豊富に含む菊芋を上手に取り入れ腸内環境を整えて、少しずつ加齢臭を軽減させていきましょう。
不老長寿も夢でない!イヌリンの老化抑制効果に業界激震!
アンチエイジングにイヌリン!なぜイヌリンという成分が老化抑制に効果があると言われているのか、その理由についてお伝えします。
菊芋に含まれるイヌリンの驚くべき育毛促進効果
ごぼうなどの根菜類は髪の毛に良いとは昔からよく言われています。それは、ごぼうにはイヌリンが含まれているからです。
糖尿病性腎症をイヌリンで予防!普段の食生活でリスク低減!
糖尿病性腎症は普段の食生活で防ぐことができます。イヌリンを含む食品をきちんと摂ればリスクを格段に下げることができるのです。
イヌリンの副作用を知らないなんて!あなた正気?
テレビや雑誌で特集されて話題のイヌリン。ただ心配なのが副作用です。イヌリンの副作用にはどんなものがあるのでしょうか?知らないでいると危険?
イヌリンでアトピーが改善する?その劇的効果とは!?
今回は食品に含まれる成分の中でもアトピーに効果があると言われている「イヌリン」という成分について詳しく見ていきたいと思います。
すぐわかる!イヌリンとデキストリンの違い【重要】
イヌリンとデキストリン。それぞれに長所と短所がありますので、それぞれの違いを把握した上で悩みに応じて使い分けるのがいいでしょう。
イヌリンのダイエット効果と副作用&軟消化性デキストリンとの違い
「できれば美味しく食べながら無理なくダイエットにチャレンジしたい・・」そんな方におすすめなのがイヌリンを使ったダイエット方法です。
イヌリンで便秘解消するのは、もう常識?多く含まれる食品も紹介!
イヌリンは酵素によって分解されると「フラクトオリゴ糖」に変化します。これが善玉菌の格好の餌になるのです。その結果、便秘解消へと導くのです。
イヌリンで中性脂肪値が下がる?!研究報告からわかる驚愕の効果
イヌリンの血中の中性脂肪の低下についてはその有効性が証明された研究がいくつもあります。イヌリンの中性脂肪への効果について解説します。
イヌリンで痩せる?!便秘解消デトック⇒美肌・ダイエット効果!
イヌリンを摂取することにより痩せることができるのでしょうか?イヌリンは体内に入ってフラクトオリゴ糖に変化するので便秘解消デトックからダイエット効果が期待できるのです。
イヌリンで血液がサラサラになる?ドロドロ血液さよおなら!
イヌリンが血液をサラサラにして、血糖値を抑えてくれる作用についてじっくりと見ていきましょう!
イヌリン(菊芋)で糖尿病を徹底改善!効果・効能&副作用について
イヌリンは「天然のインスリン」とも呼ばれていて、食事から美味しく摂取することで糖尿病の改善が期待できるのです。含まれる食品や副作用についてもお伝えいたします。
イヌリンは大腸がんの予防になるってホント?!
イヌリンが大腸がんの予防になるという話を聞いたことがありますか?何故イヌリンという成分が大腸がんの予防になるのかを見ていきましょう。